ふつふつと。

最近 なんとなく頭にふつふつと考えていること。

甲田幹夫さんが書いた

「ルヴァンの天然酵母パン 」という本。パンの作り方はもちろんなのですが、この本の最後に書いてある-ルヴァンこぼれ話-が好きで、ふと思い出しては、読み返しています。

一部引用させてもらうと、
-----
パンと心の豊かさ

物事の基準を、目に見える物だったり、高い、安いで判断したり、おいしい、まずいで判断してしまう。
とくにわれわれ食に携わる者は、おいしい、まずいが基準になりがちだ。確かにおいしいものを作っていこうという向上心は大切である。しかし、それのみに基準をおきすぎて、作っている人や育ている人、食べている人の心、またつながりを無視しがちだ。「食膳に出されるものが最高」ありがたく、感謝していただく心を常に忘れず、心に念じて物事にあたりたいものである。
----

この文章はいつ読んでもハッとさせられます。

私もお菓子を作るとき、素材をいろいろと選ぶ。私のいつもの頭の中。。おいしいお菓子を作って喜んでもらえたら嬉しい。おいしいものはなんだろう。果物なら無農薬ならおいしいし皮も使える。ドライフルーツはオーガニックがいいな。ナッツもできればオーガニックを使いたいけど、値段が倍に以上するしな。砂糖を使わないお菓子もつくりたいな。ぐるぐる。。

食材を選んで使えることは、すごく贅沢でありがたいこと。当たり前の事ではない。まずそれを肝にめいじたい。
こないだ、熊本の農園の方を紹介してもらって、無農薬の柑橘がたくさん届いた。剥いて食べた。美味しかった。そして、お便りが入っていて、その文章がすごくよかった。お会いした事はないけれど、人柄が伝わってくる文章だった。
美味しいのは、もちろんだけど、そのお便りとかひっくるめて、またお願いしたいと思った。

まだまだ、仕入れ先にはつながりは少なく全て納得のいく食材を、使っているわけではない。
少しずつだ。できる範囲で少しずつやってていけたらと思う。

そんなことを最近ふつふつと考えていた。

桜も散り始めましたね。
a0312885_22081167.jpg

a0312885_22081160.jpg

a0312885_22081298.jpg






[PR]
# by hitohitote | 2017-04-13 21:10

3月26日 こくベジのじかん

3月26日 日曜日に武蔵国分寺公園にて出店予定しておりました イベント「こくベジのじかん」は雨予報のため、残念ながら中止となりました。

楽しみにしていたイベントだったので残念です。
主催の方々も悔しい、思いをしているのではないでしょうか。。残念(;_;)

そのため、店舗にて12時から通常営業します。
ぜひお立ち寄りくださいませー。寒くなるみたいなんですけど。

3月の営業予定をブログに書かなければと思いながら3月も末日になっていました。営業日が分かりにくいかつ少ないながらも、足を運んでくださるお客様、、本当にありがとうございます。
ほんとに嬉しいです。それと同時に、身が引き締まる思いです。。あぁ、がんばろう。
いろいろと書きたいことが最近ふつふつしてきているので、少しずつブログにしたためようと思っています。

近所の公園で満開の白木蓮。
春。
a0312885_22155284.jpg

a0312885_22155377.jpg


[PR]
# by hitohitote | 2017-03-25 21:52

MBIRA 実近修平さんのLIVE

a0312885_14101329.jpg
4月3日(月) open17:00 start 18:00
実近修平 MBIRA LIVE

実近 修平(さねちか・しゅうへい ) さんのプロフィール

1981年10月16日生。山口県周南市出身。京都在。
Africa Zimbabwe のショナ族に1000年間伝わる楽器MBIRAのソロ奏者。
ショナ族のMbira player & Mbira maker の Rinos Mukuwurirwa Simboti に師事。
2014年5月現在までに5度、Zimbabweに渡る。

Mbira(ムビラ) について
(実近修平の独自の解釈)

アフリカ南部に位置するジンバブエのショナ族に、1000年間伝わる楽器Mbira。
精霊(祖霊)とのつながりを確認し、神へと想いを伝えるために演奏されてきた。
ムビラを演奏し、シャーマンが祖霊や偉大な精霊たちに祈りを捧げ、神へ感謝と守護の祈願を伝える。演奏の美しさによって祈願の是非が決まる。
ムビラの音は、雨音を連想させ、聴く者と弾く者の両者のマインドを静まらせる。
顕在意識から無意識への旅の途中に現れる、「まどろむ雲」を突破することに成功した者が、内面へと旅を続けることができる。
ショナ族は、ムビラの成立から絶えることなく音世界を展開し続けている。
弾く資格のある者は、その音世界から音を導く。

「ムビラのなかにすべてを観ることができる。」( by Simboti )

今回ひとひとてでは3度目の演奏会となります。
4月は実近さんお一人でのLIVE
5月30日に実近さん、前回ひとひとてで実近さんとの合奏してくれた神崎英美巨さんなどのお師匠である
Rinos Mukuwurirwa Simboti (リノス ムクリルワ シンボッティ)が来日ツアーを行います。※詳しくは下記をお読みいただけると嬉しいです。
まず4月は気軽に聞きに来てください!!そして、ぜひムビラの魅力を感じていただき、5月に世界的な素晴らしい本物の音を聞きに来てください!!
a0312885_14443050.jpg
a0312885_14442787.jpg



Rinos Mukuwurirwa Simboti Japan live tour 2017
“ MBIRAは聖典のようなものだ MBIRAのなかにこの地球で起こるすべてのことをみることができる ”

Rinos Mukuwurirwa Simboti Japan live tour 2017 への想い
MBIRAという楽器を知ってもらいたい気持ちもありますが、それ以上にSimbotiから奏でられる音が、日本の国土にいる存在にどういう衝撃をもたらすのか、ということに気持ちが向いています。彼は、これまでライブという形をとって演奏することはありませんでした。儀式でしか演奏してこなかった。1000年以上に連なる儀式で演奏してきた存在の奏でる音に出会ってもらい、これまで見ようとしてこなかったものが再び見えるようになるなら、とてもうれしくおもいます。(主催者 実近修平)

MBIRAについて
アフリカ南部に位置するジンバブエのショナ族に、1000年以上前から伝わり土着信仰の儀式で使われる楽器。先祖への感謝を捧げ、先祖から子孫は生き抜くための智慧や力を受け取るとされる。Simbotiの師であるBandambiraの流派ではMBIRAの機能を、「Remind(想起させること)」としている。各曲に込められたさまざまな教えが、この世界を生き抜くために想起させてゆく。

MBIRA奏者紹介
Rinos Mukuwurirwa Simboti (リノス ムクリルワ シンボッティ)
1952年生まれ
1972年にショナ族伝統の土着信仰の儀式で、生きる伝説といわれたMubayiwa Bandambiraと出会い師事する。その才能を認められ入門して1年目から儀式で演奏するようになる。現在まで儀式のための演奏家として知られている。儀式での演奏者で師の教えを受け継ぎ伝える者、またMBIRAの製作者でもある。 トーテムのSimbotiはチーターの意。人々はそのトーテムをとってSimbotiと呼んでいる。

実近修平(さねちか しゅうへい)
1981年生まれ
2007年にジンバブエへ渡り、ショナ族の土着信仰の伝統楽器MBIRA演奏者であるRinos Mukuwurirwa Simbotiに師事する。ジンバブエへの渡航は七度。現在はMBIRAのソロ奏者で京都を拠点として、全国でライブ活動と伝統曲を伝えること、Simbotiの製作したMBIRAを販売している。演奏の相方である石村行とMBIRAバンドを組み「ニューアース」としてライブ活動をしている。

石村行(いしむら あゆむ)
1980年生まれ
2005年にジンバブエへ渡り、ショナ族の土着信仰の伝統楽器MBIRA演奏者であるRinos Mukuwurirwa Simbotiに師事する。ジンバブエへの渡航は七度。演奏の相方である実近修平とMBIRAバンド「ニューアース」を組み、ライブで演奏をしている。

Simbotiによる個人ワークショップについて
個人ワークショップをご希望の方は、実近修平(全期間中)までご連絡ください。日程や会場は御依頼人と相談をして決めます。
原則として30曲以上を習得された方を対象とします。
(1曲 40分 12000円/実近から学んでいる方は6000円)

tuning(チューニング:調律)について
MBIRAのチューニングをご希望の方は、実近修平(全期間中)までご連絡ください。
tuningは1台につき2500円(実近から購入された方は1000円)
基本的にライブの前の集合時間内で行います。状況により応相談。

物販
Simboti製MBIRA Low-Sangweme tune 1台/60000円
CD : Simboti’s solo play (販売予定 アルバム名未定)

予約・お問合せ先
※予約受付期間によって連絡先の担当が異なります。ご注意ください。

期間”2月15日~4月26日”
実近修平(さねちか しゅうへい)
TEL : 080-6335-6962
MAIL : shuhei.sanechika@gmail.com

期間”4月27日~7月4日”
田畑有子 (たばた ゆうこ)
TEL : 090-6068-7115
MAIL : kailashseika@gmail.com

【予約可】【要予約】の違いについて
両方とも予約が完了すればお席が確保されます。各会場のスペース等の条件から、【予約可】は【要予約】よりも当日のお席がある可能性が高いことを意味します。【要予約】の会場は早いうちにお席がなくなるので、予約をお勧めします。

子どもたちの参加について
太古から続く文化の一端を、子どもたちに触れてさせてあげたいと思ってくださる人も多いと思います。主催者である私も同じ気持ちです。演奏中、静かに聴く子どもたちもいます。その一方、子どもたちが騒いだことで、聴きに来られた方からの苦情を受けたという経験もあります。主催者としてお金をいただいて開催する以上、そこに配慮をしたいと思います。もしも、子どもたちが騒いだ場合、お連れの方に注意する能力があるのかを鑑みて、各自判断の上ご参加願います。授乳中のあかちゃん、お連れの方の膝の上で聴ける子どもは無料。前述の条件ではない子どもたちは大人と同じ料金をお願いします。



【要予約】
5月30日 火曜日
ひとひとて
開場 18:30
開演 19:30
参加費 前売4000円+1オーダー/当日4500円+1オーダー
東京都立川市若葉町1-17-1
tel : 042-507-7352




[PR]
# by hitohitote | 2017-03-14 14:16

3月10日(金)りんごとくるみのオートミールクッキー購入いただいたお客様へ。

〜お詫びと訂正〜
3月10日(金) 本日ご来店くださったお客様で、
りんごのオートミールクッキー
をご購入いただいた方、大変申し訳有りませんが、裏面の賞味期限の日時が間違って記入しており、
2017・3・1となっています。
正しくは
2017・4・9
の間違いです。
大変申し訳ありません。昨日作ったものです。
味は美味しいです。

プレゼントに!とおっしゃってた方もいらしたので心配です。。
ぜひ気づかれた方ご連絡いただけると幸いです。
できるだけ対応させていただければと思います。。

042−507−7352





[PR]
# by hitohitote | 2017-03-10 20:46 | おしらせ。

2016年ありがとう!!

2016年ももう終わりです。

今年も得ることの多い一年でした。

ひとひとてはお菓子のおかげで本当にいろんな人と話しをして、楽しかった。

本当に関わってくれた皆さんありがとうございました!!


そして民ちゃんが世にやってきたこと。

ひとひとてを8月いっぱいで休業し、産休に入り10月28日に 世にやってきました。

そして、それから2ヶ月。そろそろ世にも慣れてきました。

もう毎日可愛いすぎてやばいです。それしかないので民ちゃんについては来年、成長具合は自慢します。

a0312885_22384580.jpg



で ひとひとては営業してないので、お菓子の話題もあまりないです。

今年中に今年感じてることを!!

基本お菓子の話、お店の話はありませんので、ごめんなさい。




産休中にお店を休んでる最中、ぼくは老人ホームで働いています。

今働いている施設では、介護初任者研修の資格(いわゆるヘルパー2級)

を施設で半年働きながら 講習に行き 取得できるシステムで。資格を無事とりました。

その半年間働いた デイケアサービスは フィットネスの機械が揃っており、リハビリをできますよ!

ってのが売りのデイサービス。基本的にイメージしてた老人介護施設より、利用者の人は元気な方が多い。

でも、会話ができない人、目の見えない人、歩けない人、 色々な方がいる。


なんでぼくは介護で働こうと思ったのか。

・戦前戦後を生きてきた人(もうすぐいなくなってしまう。)から今までの それぞれの生き方、感じかた、今をどう感じ行きているなどの話がしたい。

・死ぬ に近い人が今何を思い生きているのか

・死に近い人は シンプルになっていくんじゃないか(予想)

・しょうがい を持つことにより、できることが少なくなることは、できることがわかりやすくなるんじゃないか?(予想)

・だから感情を表に出しやすく、今何がしたい!などシンプルなんじゃないか(予想)

・子供、老人、しょうがいを持ってる人(色々考え方はあるけど。まだアバウトです、僕は全ての人がなんらかのしょうがいを持ってるとは思うけど、

いわゆる、日常生活が一人ではおこなえない人とか)とにかくシンプルな思考。生きることに忠実で 素直にそのまま嬉しい悲しい楽しい嫌い を表現できる。

そうなりたい。


などなど。とにかく 30年しか生きてないですが、このぼくでも、色々余計なものを身にまとってます。

そのまとったものが 色々東京に来て、7、8年。お店を始めて3年(休業してますが笑)とても素敵な人たちとの出会いが多く。

色々纏わず 楽しく生きている人(大人)がたくさんいることを知りました。

そして、特にこの今の日本。そして世界的にも。矛盾に苦しんで、命を味わえずにいなくなる人も多くいる気がして、、

生きる意味ってそれぞれだし、いろんな生きる意味はあると思うけど、最近よく思うのは自分の役割を見つけて、楽しく(矛盾を少しでもなくし、違和感なく、今一生懸命になれる)

と生きてる感がある。



で!今デイケアサービスではたらいていますが。

まぁあ そううまくは行きませんでした。

まず、おじいちゃんおばあちゃんと話す時間はほぼない。

仕事はシステム化してて、少しのミスでも 事故報告書を書く。

とにかくミスをなくす!とにかく事故をなくす!効率!無駄をなくす!!

笑 なんかこれを書いてて、デイサービスの働いてる人に読んでもらって何か伝えられればとか思ってたけど。違う気がして来た。

ぼくが働いている職場で、最初に感じたのは、働いてる人みんないい人そう!!でした。

でも働くうちにみんな余裕がなく、教え方も 丁寧にしようとしてくれてるのはわかるけど、もう怖い怖い。。主語ないし、

知らんしその専門用語、はい。。根本的にぼくはそんなこと興味ないのでできません。はい事故報告書書いてねー。。

ここにいる人どんどん人の気持ちなんか考えなくなる。

てなり、えっ普通に介護って何? サービス業?ここは何が目的なの??お金?


いやいや。目の前にいる人。おじいちゃんおばあちゃんが少しでも元気になるように!が目的でしょ?趣旨じゃないの?

結局ここにいる利用者は、一日自由もなく。朝来て、運動、お風呂、昼ごはん、レクリエーション、おやつ、はい帰る時間まち。

それぞれの間の時間は、たつと危ないから、座ってできる、塗り絵、麻雀、将棋、カラオケ、テレビ。

外の空気吸いたいって出入り口に向かっても鍵が閉まってるし、基本

外には帰る時間まで出れない。立ったら「危ないっ座っててください」みたいな。

やることが見つからなくて、ボーとして、「何をしたらいいかわかりません!」っていう100歳超えたおじいちゃん。

もちろん一人で歩くの危ない人もいるし、毎日30人くらいの利用者の人を大体4、5人くらいで見てるのだからそーなる。

座ってて楽しい人はいいけど、ここ来て毎日そのループ。家にいても一人だし、ここにくれば人と話しができるし。って来てる人も多い。

でも一番は家族に相手にされなくなり、家族の意向でここに来ている。でも話をする内容も職員が聞いてるから あんまり変な話できないし。。

ものを決める権利がないに等しい人が多い。基本的にこの環境でそれぞれ自分らしくとか、個人の尊重なんてない。

おーい。講義で習ったよー今は最も大事なのは、鍵を閉めないことじゃないの?

物理的にも、精神的にも 鍵閉めまくり。働いている職員側ですら、何重にも鍵だらけ、僕ですら鍵かけないと働けなかった。。

ンンンン。。。。。。

感じたのは、人の悪いとこを見つけるのに 時間をかけてて、こんな施設ばかりコンビニ見たいに世の中増えてるんだろうと思った。

まあね、もう介護の話でもなくなって来てる。

だからこそ!!本質的な 生きる死ぬの関わりが感じられるのが介護なんだ!!だからこんな状態はおかしい!!!


って話はしてても面白くないので、

そんなことないよ!!って施設もあります!!

老人、しょうがいの人 色々


雑誌 ヨレヨレ が涙あり笑いありの感動の雑誌

a0312885_22431138.png


まあ 介護うんぬんなしで 普通にやばい。

の施設。

宅老所よりあい http://yoriainomori.com/?page_id=2


読んでて面白かった。

masa 介護福祉 http://blog.livedoor.jp/masahero3/


国分寺!!これからお世話になるかも!

訪問介護 ことり http://kotori-kaigo.blogspot.jp/?m=1


もう、影響受けまくりました。

しょうぶ学園 http://www.shobu.jp

映画も https://www.youtube.com/watch?v=zgesCe9Cy30

主催 福森伸の話 https://www.youtube.com/watch?v=FC8ROgZDiK0



ひとひとてに一度 メレクさんのおかげできてくれた佐久間さん主催の

ダウン症アートプロジェクト!まだ行けてないの悔しい。。。

アトリエエレマンブレザン http://www.element-present.com/html/news.html 



ねむの木学園 http://www.nemunoki.or.jp

べてるの家  http://bethel-net.jp/?page_id=22


あと盲目の人たちが素晴らしすぎるとこ

これに7.8年前参加して、価値観が変わるきっかけだった。

ダイアログインザダーク http://www.dialoginthedark.com


とりあえずそのうち ひとひとても2月くらいから再開予定!!同時進行で色々動きます。


子供も生まれて色々思うことがたくさん。答えなんかないけど。

 自分に素直に2017年楽しむぞーー!!


年末につらつら長文失礼しました!!

良いお年をお迎えください!! そして来年もどうぞよろしくお願いします!!


[PR]
# by hitohitote | 2016-12-31 22:49 | 日々