<   2017年 11月 ( 1 )   > この月の画像一覧

Mayumi Kmada 展 さんくちゅありぃ

ものすごく久しぶりのブログですみません。。
どーしてもまとめておきたくて、、


11月いっぱいひとひとてでやってた熊田真弓さんの展示

「さんくちゅありぃ」

a0312885_00515408.jpg


sanctuary

1神聖な場所聖域寺院教会;(寺院の)祭壇の前内陣

2法の及ばない聖域避難所駆け込み寺中世では教会逃げ込め法の力が及ばなかった

3罪人などに対する保護;(教会などの罪人庇護(ひご)

4禁猟区保護区域


ひとひとて展示前に まんまる助産院の八角堂で先に展示が始まった。

僕ら家族もひとひとて展示前に熊田さんの作品を見るためにまんまる助産院に行った。

八角堂に飾られた熊田さんの絵まずは目線がとても低い位置にあり、子どもが立って丁度の位置。

6畳くらいのスペース全体に動物たちの絵が飾られ、完全自然素材でできている八角堂のとても優しい心地よい空間で、何かとても神聖な空気が漂ってて不思議と、心が落ち着く。

実は、たみちゃんはその日1歳の誕生日だったし、ここまんまる助産院で産まれた。なんだかこのタイミングで、この展示が始まり、ひとひとてにやってくるのかと思うと、全て大丈夫だと確信があった。

a0312885_00100959.jpg
a0312885_00101602.jpg

そして11月に入りひとひとてへ 

最初から最後まで、さんくちゅありぃ のタイトル通りの展示でした。

住居兼店舗である、ひとひとて。店舗部分もほぼ、僕たちの生活の場です。


そこに、熊田さんの描いた 動物たちからの視線が常にあった

朝起きて、光が入る時間とともに 熊田さんの作品 ステンドグラスのサンキャッチャーがキラキラ虹色が部屋いっぱいに満ちる。

その光に動きとともに、鹿や猫や鳥たちが個々で意思を持ち動き出す。

なんとも不思議な空間で、特に1歳になったばかりの民ちゃんは部屋全体のあちらこちらを指差して「あっ」「あっ」と連呼し、頷く。時にお辞儀をして挨拶を交わしてた。



a0312885_00105840.jpg
a0312885_00113207.jpg
a0312885_00112518.jpg
a0312885_00114880.jpg
a0312885_00114249.jpg
a0312885_00115512.jpg
a0312885_01035942.jpg
熊田さんのステンドグラスがとても綺麗、たくさんの光を運んでくれる。

とにかく毎日毎日奇跡が転がってくる感じ、

全てが自然に。何一つ計画もしてないことばかり。


特に、展示期間中の特別イベント

熊田さんの絵のモチーフにたくさん現れる 鹿

これも急遽決まって、思いつきだけで、始めた企画。

仮「sika にまつわるエトセトラ」 

鹿といえば 久田祐三さん!!有害駆除された鹿の皮で太鼓を作り 演奏してる!!

ぜひライブしてもらおー!作った鹿楽器も売ろう!

この前実家(岐阜郡上)に帰った時に紹介してもらった素晴らしすぎるカリスマ猟師さんがいた!

前々から気になってた 鹿買いたい! 

あっザランさんにカレーにしてもらおー!

あっ民ちゃんの1歳バースデーで一升パン作ってもらったパンディアンさんに ジビエバーガー作ってもらおー!

最近知り合いが鹿のツノ付きの骨をもらったってフェイスブックであげてた!

と 同時多発的に 鹿にまつわるいろいろが熊田さんの絵きっかけにあふれた。


a0312885_00195484.png

zaranの回遊屋台 ジビエカレー

パンディアン   ジビエバーガー

ひとひとて  縄文どんぐりクッキー

a0312885_00204606.jpg

a0312885_00211034.jpg

a0312885_00211562.jpg

ライブ前に今回の展示について、熊田さんの話


a0312885_00220693.jpg

a0312885_00401932.jpg

祐三さんの作った鹿皮ネイティヴアメリカン太鼓に熊田さんのヘナアート 

a0312885_00403974.jpg

こちらも鹿皮フレームドラム

a0312885_00404466.jpg

以前ひとひとてで展示をしてくださった 野生動物写真家であり 久田祐三さんのお父さん 久田雅夫さんも尺八を演奏してくださる。なんというタイミング!!?

a0312885_00404736.jpg

鹿を求め集まった人々


久田祐三さんの作った 鹿楽器をみんなでもち、大セッション!!もう本当に老若男女 特に赤ちゃんや子供達のノリにのせられ すごいグルーブだった。本当に幸せな時間。ずっと体にこの時の音の余韻が残りそう。


a0312885_00444239.jpg
a0312885_00444722.jpg
a0312885_00450327.jpg


そして、後半、熊田さんの絵を見に、いろんな種類の人たちがひとひとてに来てくれた。

その人たちを見ていると、ほんとに熊田真弓さんという人のことがものすごくわかる気がした、そして熊田さんの描いて来た絵やステンドグラスのひとつひとつの表情に見とれてしまう。とてつもなく暖かい、芯の強さと、闇も光も共存する世界。当たり前だけど、忘れてたなー。。いろいろな偏りや、それぞれの個性で、今があってバランスをとってる。それが絵となり、形となり、音や、食、人間、むしろ宇宙なんやろうなー。自然!!



自然 【しぜん】

1.
人手を加えない、物のありのままの状態・成行き。「―の楽な姿勢」
2.
この世のあらゆる物の総称。


この世のあらゆる物の総称!!!!


全肯定!!!!


最高な展示でした!!!!!!ありがとー熊田真弓さん!!さんくちゅありぃ!!!!



[PR]
by hitohitote | 2017-11-29 00:45 | イベント