<   2018年 03月 ( 2 )   > この月の画像一覧

2018・3・24 齋藤陽道 神話二年目 出店

震災後から、気になってた坂口恭平さんという人。
その坂口恭平さんをツイッターでいつも追ってた時期に、多分五年前くらいかな。
齋藤陽道さんの名前を知った。
その時は、なんなんだろ〜この人くらいで、頭に名前だけインプットしてたくらい。
ちょくちょく陽道さんの写真の光 がやけに頭に残っていた。

そして三年前くらいかなー みさとちゃんが陽道さんを 僕のアンテナとは別のとこから
この人いい!!って言ってて、陽道さんの言葉に心つかまれてた。

正直ツイッターでの人というか。なんとなく素敵な人でいた陽道さん。
そんな中
ある日高尾のイベントにひとひとて出店。主催のひょうたんたけしさんから、そのイベントに出店してる
アジアン系のリユース服なんかの販売をしてた、静かな女性だけど笑顔がやたら素敵な人。
耳が聞こえない様子、とても愛に溢れてる!なぜか僕は心が踊ってた。とても気になった。
そしてたけしさんに紹介された。

写真家 齋藤陽道さんの奥さん 盛山麻奈美さんだった。
そして 陽道さんのこと気にしてたとメモで伝えると、とても喜んでくれた。
色々話してるうちに 今度引越しをすると言ってて、「どこですか?」って聞くと。
うちから徒歩5分くらいの平屋だった。。

もう。奇跡!!!

そしてちょくちょくひとひとてに樹くんと3人で 焼き菓子を買いに来てくれる。
この家族が来ると僕らはいつも心が動く。

そして、そして、この神話二年目の出店を 陽道さんが来て直接話してくれた。
もうもうもう。。
そんな 神話二年目 での出店!!!!

神田(秋葉原の駅から徒歩圏内)の海老原商店という 築130年だったかな、元服の仕立て?屋さんの建物での展示。
僕らは正直都心にはほぼほぼいかないから、とてもそこの場に行くのに緊張してた。。
ここは最高によかった。
建物自体も 海老原商店のオーナーの海老原さんも、この展示のスタッフの人たちもみんな。
始まったばかりの時、たみちゃんは泣き出し、おんぶしたら、そのまま寝た。
それを見て麻奈美さんが 「中で寝させて!」ってすぐジェスチャー。
まず考えられないよね。こんな素晴らしすぎる展示会場の入り口でたみちゃん 座布団に寝る。
はあああ。。もうこの時点で麻奈美さんという人に僕らは泣きそうだった。。。
ここ都心のど真ん中で ミスチルとかクラムボンとか、むしろ谷川俊太郎展の写真撮ってる人の
展示の入り口で座布団で寝てるうう!!!笑 (ほんとは子供寝かすとか普通で当たり前なんだけど、、その当たり前がきっとこんな感じにならない気がしたりとか。。なんやら。。)

a0312885_23181145.jpg





常に人がたくさん来て、めっちゃ受付(麻奈美さんと同じく耳の聞こえない麻奈美さんの弟がしてる)とこにコタツがあってそこに人いっぱいいる感じ。受付や陽道さんの写真集とかの物販とか。
ただなんか初めての感じだけど、懐かしい。。ここの空気感が最高だった。声はほとんどなく、みんなめっちゃ手話やら、筆記やら ジェスチャーでのコミュニケーションしてる。笑顔溢れまくってるし、なんか説明できないけど最高に穏やかだし、熱量もあるし。僕には言葉にできない場。。。
でこの優しさ。

a0312885_23433682.jpg
展示見る前にもう満たされまくってた。。。コーヒーや焼き菓子買ってくれる人もみんないい感じで、ほんと自然体な感じの人ばかり。みんな辺に飾ってないし、気を張ってないし。僕らもなんか素でいた。


少し合間があったので順番に展示を見た。
なんだろう、、陽道さんの写真はとにかく大きくプリントされてて、その上や下なんかに、何かわからない石やら木やらの、物体がい置いてある。樹くんがだいたいどっかに写ってるんだけど、樹くんを知ってるからか、壮大な風景や光、普通の和室に静かな 命の音を聞いた気がする。本当に胸いっぱいに満たされ、溢れる。
不思議な感じ。そのまま目が熱くなり、泣きそうになった。


僕には写真のことはわからない。
言葉でもうまく伝えられそうにもないけど、
きっと、陽道さんは 最高に 今を見てるし
今を生きてるし 
すごいかっこいい。
おこがましいけど、本当今の自分が感じてる色々とリンクしすぎてこういうときに
僕は本当に幸せを感じてしまう。


もう僕には伝えられそうにないので写真たくさん貼っときます
a0312885_00151253.jpg
陽道さんのHP

a0312885_00144041.jpg
a0312885_00143666.jpg
a0312885_00085362.jpg
a0312885_00081589.jpg




a0312885_22305499.jpg
a0312885_22313142.jpg

a0312885_22314303.jpg


[PR]
by hitohitote | 2018-03-30 00:24 | イベント

大事なお知らせ。

a0312885_21273249.jpg
大事なお知らせ。


東京立川での 焼き菓子や ひとひとて を五月中旬ごろをもちまして、閉店することにしました!!!


そして、私たち家族は 岐阜県 郡上市に引っ越しをすることに決めました。
移住後の ひとひとてに関しては、
郡上に住み、暮らしてみて、改めて場所はかわりますが郡上で再開します!!どんな感じになるかなー。まだ全く未定。。

しかし、ひとひとての焼き菓子を喜んでくださってた方に、是非また、岐阜郡上でつくる焼き菓子を食べてもらえたらとも考えてます。
どんな形になるかはまだ未定ですが、ひとひとてを忘れないでください笑


焼き菓子や ひとひとてを始めて、4年と半年程。お店をはじめて、結婚して、美里ちゃんの母親が亡くなり、民ちゃんが生まれた。
僕たちが生きてきた中でもとても大切な分岐点がここひとひとてをやってるタイミングと重なってました。何より焼き菓子を通じて、ここでたくさんの人との縁があり、私たちの思いもよらない奇跡がたくさんおきました。
年配の方から、小学生、産まれたばかりの赤ちゃん。もう。年齢国籍、問わず、いろんな方がきてくださりました。大切な思い出や経験がたくさんあり。本当に感謝です。
しんどいこともたくさんありましたが楽しいことに変換されていき、ここまでやってこれた気がします。本当に本当にありがとうございます!!




もともと、お店を始める時点で、自然の多い 岐阜への移住は僕ら夫婦の中で、考えてはおり、民ちゃんが産まれてからは、とくにこの場所での住居兼店舗という環境に限界は感じており、タイミングを見計らってはいました。 

そして 今回。
東京と岐阜での本当に奇跡的なご縁が重なり、6月からの移住を決めました。

岐阜郡上はとてもよいところです。
山に囲まれ、綺麗な川が流れ、古くからの文化も未だにたくさん残っています。郡上八幡という地域では、郡上踊りという、盆踊りがとても有名で、個人的にとても楽しみなお祭りがたくさん今も残ってます。
そのほかにも郡上は楽しみなことばかり!!
またこちらでも紹介したいと思っています。
是非遊びにきてください!案内します!

今後も ひとひとてのフェイスブックや、ブログ等で、郡上での 僕らの暮らしや、仕事を紹介して行けたらとも考えてます。
楽しいことをしていきます!!


残り3ヶ月程の東京でのひとひとてとなります。
できる限りの方に、焼き菓子を喜んでいただけるよう。そしてたくさんの方にお会いできることを楽しみにしております。

今後ともどうぞよろしくおねがいします!!!!!!

ひとひとて 小野木 淳  美里  民

a0312885_21275614.jpg


[PR]
by hitohitote | 2018-03-02 21:24 | おしらせ。